ライフプラン策定上の資金計画 (全15問中13問目)

No.13

フラット35(買取型)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
出典:2015年1月試験 問7
  1. 年収400万円以上の者がフラット35(買取型)を利用して融資を受ける場合、融資額に係る年間の合計返済額が年収の40%以下でなければならない。
  2. 借入れの対象となる中古住宅は、建築確認日が昭和56年6月1日以後の住宅に限られる。
  3. 融資率の上限は住宅の建設費または購入価額の10割、融資額については8,000万円が上限とされている。
  4. 一部繰上げ返済を金融機関の窓口で行う場合は100万円以上からの返済となるが、インターネット経由で一部繰上げ返済の申込みをする場合は、30万円以上から可能である。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。