ライフプラン策定上の資金計画 (全15問中15問目)

No.15

フラット35(保証型を除く)による住宅ローンの返済方法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
出典:2014年1月試験 問2
  1. 借入金を繰上げ返済する場合は、繰上げ返済を行う2カ月前までに返済中の金融機関に申し出る必要がある。
  2. 「毎月払いのみ」から「毎月払いとボーナス払いの併用」への返済方法の変更は可能であるが、「毎月払いとボーナス払いの併用」から「毎月払いのみ」への返済方法の変更はできない。
  3. 繰上げ返済できる金額は50万円以上であり、一部繰上げ返済できる日は月々の返済日となっている。
  4. 繰上げ返済を行う場合の繰上げ返済手数料は、繰上げ返済の金額の多寡にかかわらず、不要とされている。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。