FP1級過去問題 2014年1月学科試験 問26

問26

居住者に係る所得税の譲渡所得の基因となる資産の「取得の日」に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 住宅ローンを利用して購入し、引き続き居住している家屋の「取得の日」は、住宅ローンの完済後に所有権移転登記を行った日となる。
  2. 自ら建設した家屋の「取得の日」は、当該家屋に係る所有権保存登記を行った日となる。
  3. 借地権者が、その借地権の設定されている土地(底地)を取得した場合、その土地(借地権および底地)の「取得の日」は、当該借地権を取得した日となる。
  4. 子が実父からの贈与によって取得した資産を譲渡した場合の当該資産の「取得の日」は、原則として、贈与者である実父が取得した日を引き継ぐことになる。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。