FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問33

問33

損益分岐点分析に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 限界利益率は、売上高から固定費および変動費を差し引いた金額を売上高で除して算出され、売上高の増加によって、いくらの追加利益が獲得できるかを示す。
  2. 損益分岐点比率は、実際の売上高を損益分岐点売上高で除して算出され、損益分岐点比率が高いほど、収益の安全性が高いことを示している。
  3. 売上高が2億円である場合の変動費が8,000万円、固定費が6,000万円である企業は、固定費を1,200万円削減すれば、損益分岐点が1,500万円低下することになる。
  4. 売上高が2億円である場合の変動費が4,000万円、固定費が2,000万円である企業が4,000万円の利益をあげるために必要な売上高は、7,500万円である。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。