FP1級過去問題 2019年1月学科試験 問18

問18

株式の制度信用取引において、保有するA社株式2,000株(1株当たり時価2,500円)と金銭200万円を担保として差し入れ、B社株式(1株当たり時価4,000円)を新規に売建てする場合、売建てが可能な最大株数として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、株式担保の代用掛目は80%、委託保証金率は30%であるものとし、手数料等は考慮しないものとする。
  1. 4,000株
  2. 4,500株
  3. 5,000株
  4. 5,500株

正解 3

解説

代用掛目は、株式等の有価証券を予約した場合の現金換算比率です。

1株2,500円の株式を2,000株預託したのですから、現金換算すると、

 2,500円×2,000株×80%=400万円

となります。これに金銭の200万円を足した600万円が委託証拠金となります。

委託保証金率は30%ですので、売建てが可能額をNとすると、

 N×30%=600万円
 N=2,000万円

B社株式は1株当たり4,000円ですので、売建てが可能な株式数は、

 2,000万円÷4,000円=5,000

したがって[3]が正解です。