FP1級過去問題 2019年9月学科試験 問14

問14

民法および「失火の責任に関する法律」(以下、「失火責任法」という)に関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。
  1. Aさんが失火で隣家を全焼させ、Aさんに重大な過失が認められる場合、民法の規定が適用されるため、Aさんは隣家の所有者に対して損害賠償責任を負う。
  2. Bさんがガス爆発事故により隣家を損壊させ、Bさんに故意または重大な過失が認められない場合、失火責任法の規定が適用されるため、Bさんは隣家の所有者に対して損害賠償責任を負うことはない。
  3. 賃貸住宅に住んでいる借家人Cさんが失火で借家を全焼させ、Cさんに重大な過失が認められる場合、民法の規定が適用されるため、Cさんは家主に対して損害賠償責任を負う。
  4. 賃貸住宅に住んでいる借家人Dさんが失火で借家を全焼させ、Dさんに重大な過失が認められない場合、失火責任法の規定が適用されるため、Dさんは家主に対して損害賠償責任を負うことはない。
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ

正解 2

解説

失火責任法は、失火者の賠償責任について民法の適用外を定めた法律です。民法では、不法行為により他人に損害を与えた場合、損害賠償責任を負うことが定められていますが、失火責任法では、
民法第709条の規定は、失火の場合には、適用しない。ただし、失火者に重大な過失があったときは、この限りでない。とし、無過失又は軽過失による失火で隣家を全焼させてしまっても、失火者は隣家に対して賠償責任は負わなくてもよいことになっています。ただし、借家の場合は、元の状態で返還する義務があるので、家主に対して債務不履行による損害賠償責任を負います。
  1. 正しい。重過失の場合には失火責任法は適用されず、民法の規定に従い隣家に対する損害賠償責任を負います。
  2. 誤り。ガス爆発は失火ではないので失火責任法は適用されません。よって、民法の規定に従い隣家に対する賠償責任を負います。
  3. 正しい。家主(貸主)に対しては、過失のあるなしにかかわらず損害賠償責任を負います。
  4. 誤り。家主(貸主)に対しては、過失のあるなしにかかわらず損害賠償責任を負います。
したがって適切なものは「2つ」です。