FP1級過去問題 2020年1月学科試験 問19(改題)

問19

株式等の投資指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 日経平均株価は、東京証券取引所プライム市場に上場している内国普通株式銘柄のうち、代表的な225銘柄を対象とする株価平均型の株価指標である。
  2. 東証株価指数(TOPIX)は、主に東京証券取引所市場プライム市場に上場している内国普通株式を対象とする時価総額加重型の株価指数である。
  3. 東証グロース市場指数は、東京証券取引所のグロース市場に上場している内国普通株式銘柄のうち、代表的な400銘柄を対象とする時価総額加重型の株価指数である。
  4. 東証REIT指数は、東京証券取引所に上場しているREIT全銘柄を対象とする時価総額加重型の指数である。

正解 3

問題難易度
肢110.6%
肢211.1%
肢369.1%
肢49.2%

解説

  1. 適切。日経平均株価(Nikkei 225)は、東京証券取引所プライム市場に上場する日本を代表する225社の株価を平均した株価指数です。日本経済全体の景気や企業の収益性を表す指標になっています。
  2. 適切。東証株価指数(TOPIX)は、主に東京証券取引所プライム市場に上場している内国普通株式(旧・市場第一部の全銘柄)の時価総額について、1968年1月4日の終値を100として指数化した時価総額加重型の株価指数です。
    市場区分の再編により、市場第一部の銘柄の大部分はプライム市場へ、一部がスタンダード市場とグロース市場に移りました。以前は市場第一部上場の全銘柄を対象としていましたが、改編により構成銘柄と市場区分は切り離されました。
  3. [不適切]。東証グロース市場指数は、新興企業向けの証券市場であるグロース市場に上場する内国普通株式全銘柄を対象とした時価総額加重型の株価指数です。
    特定の400銘柄を対象とする指標には「JPX日経400」がありますが、こちらはプライム市場、スタンダード市場、グロース市場に上場している株式を対象としています。
  4. 適切。東証REIT指数とは、東京証券取引所に上場しているREIT(不動産投資信託)全銘柄を対象にした指数で、時価総額に応じた組入れ比率になるように作られています。日本のREIT市場の状況を把握するために東京証券取引所が算出・公表しています。
したがって不適切な記述は[3]です。