FP1級 2020年1月 応用編 問54

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問54

《設例》の〈W社・X社の財務データ等〉に基づき、Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~⑧に入る最も適切な語句または数値を、解答用紙に記入しなさい。なお、計算結果は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
  1. W社とX社を自己資本当期純利益率で比較すると、W社の値が()%、X社の値が□□□%であり、W社の値のほうが上回っています。この自己資本当期純利益率について、売上高当期純利益率、使用総資本回転率、()の3指標に分解して、その要因分析を行うと、W社の使用総資本回転率は()回、()は()倍で、いずれもX社の値を上回っており、W社のほうが資本効率性が高いと評価することができます」
  2. W社とX社を財務的な安定性を測る指標であるインタレスト・カバレッジ・レシオで比較すると、W社の値が□□□倍、X社の値が()倍であり、X社のほうが財務的な余裕があるといえます」
  3. W社とX社を代表的な投資指標であるPERとPBRで比較すると、W社のPERは()倍、PBRは()倍で、いずれもX社の値を上回っており、W社株式のほうが相対的に割高であるといえます。また、配当性向で比較すると、W社の値が()%、X社の値が□□□%であり、W社のほうが株主への利益還元の度合いが高いといえます」
 

正解 

① 9.26(%)
② 財務レバレッジ
③ 0.66(回)
④ 5.03(倍)
⑤ 9.83(倍)
⑥ 32.00(倍)
⑦ 2.80(倍)
⑧ 27.14(%)

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

※⑦は非支配株主持分を考慮した回答も可