FP1級過去問題 2022年1月学科試験 問41

問41

毎期末に1,000万円の純収益が得られる賃貸マンションを取得し、取得から3年経過後に1億5,000万円で売却するとした場合のDCF法による当該不動産の収益価格として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、割引率は年5%とし、下記の係数を利用すること。また、記載のない事項については考慮しないものとする。
41.gif/image-size:496×96
  1. 1億5,552万円
  2. 1億5,683万円
  3. 1億6,955万円
  4. 1億7,723万円

正解 2

問題難易度
肢114.4%
肢252.4%
肢318.8%
肢414.4%

解説

DCF(ディスカウントキャッシュフロー)法は、一定の保有期間中に生み出される「純収益の現在価値の総和」と、保有期間終了後の「復帰価格(将来の転売価格)の現在価値」を合算して、投資不動産の収益価格を算出する手法です。

設問の投資で得られる収益は次のとおりです。
  • 1年後 … 1,000万円
  • 2年後 … 1,000万円
  • 3年後 … 1,000万円+1億5,000万円=1億6,000万円
現価係数を使ってそれぞれを現在価値に割り引くと、

 1,000万円×0.952+1,000万円×0.907+1億6,000万円×0.864
=952万円+907万円+1億3,824万円
=1億5,683万円

したがって[2]が正解です。