FP1級過去問題 2022年5月学科試験 問25

問25

居住者に係る所得税の事業所得に関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。
  1. 青色申告者ではない個人事業主と生計を一にする配偶者が当該事業に従事している場合、「86万円」と「事業所得の金額を当該事業に係る事業専従者の数に1を加えた数で除して計算した金額」のいずれか高い金額を、事業所得の計算上、必要経費とみなすことができる。
  2. 青色申告者である個人事業主が青色事業専従者である長女に支払う退職金は、その額が一般の従業員と同様に退職給与規程に従って算出され、その労務の対価として適正な金額であれば、事業所得の必要経費に算入することができる。
  3. 青色申告者である個人事業主が生計を一にする父親名義の建物を賃借して事業の用に供している場合において、当該事業主が父親に支払った家賃は、その全額を事業所得の必要経費に算入することができる。
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 0(なし)

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。