FP1級過去問題 2022年9月学科試験 問44

問44

民法における配偶者居住権に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 被相続人が相続開始時に居住建物を配偶者以外の者と共有していた場合、配偶者は被相続人が所有していた共有持分に応ずる配偶者居住権を取得することができる。
  2. 配偶者居住権の存続期間は、遺産分割協議等において別段の定めがされた場合を除き、配偶者の終身の間とされている。
  3. 配偶者が取得した配偶者居住権を第三者に対抗するためには、配偶者居住権の設定の登記をしなければならない。
  4. 配偶者居住権は、譲渡することはできないが、配偶者は、居住建物の所有者の承諾を得れば、当該居住建物を第三者に使用させることができる。

正解 1

問題難易度
肢141.3%
肢29.7%
肢319.1%
肢429.9%

解説

この問題に対する解説はまだありません。