FP1級過去問題 2024年1月学科試験 問30

問30

個人住民税に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 給与所得に係る住民税は、給与を支払った事業者が市区町村に提出する給与支払報告書に基づき計算され、原則として、翌年の4月から翌々年の3月までの12回に分割して、毎月の給与から徴収される。
  2. 不動産所得を有する給与所得者が所得税の確定申告を行う場合、不動産所得に係る住民税の徴収方法について、特別徴収または普通徴収を選択することができる。
  3. 普通徴収によって住民税を納付している者が2023年中に他の市区町村に転居した場合、その転居した後に納期限が到来する2023年度に納付すべき住民税は、転居先の市区町村に納付することになる。
  4. 納税者の合計所得金額が2,400万円以下である場合、住民税の基礎控除の控除額は48万円である。

正解 2

問題難易度
肢114.8%
肢242.9%
肢310.4%
肢431.9%

解説

この問題に対する解説はまだありません。