FP1級過去問題 2014年9月学科試験 問38

問38

建築基準法上の規制に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 建築基準法42条2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道路との間のいわゆるセットバック部分は、建ぺい率、容積率の算定の際に敷地面積に算入されない。
  2. 建築物の高さに係る道路斜線制限は、すべての用途地域に対して適用される。
  3. 第一種低層住居専用地域内の建築物のうち、軒の高さが7m超、または地階を除く階数が3以上の建築物は、日影による中高層の建築物の高さの制限を受ける。
  4. 準工業地域(300㎡)と工業地域(150㎡)にまたがる敷地を一体利用する場合、当該敷地に居住用マンションやビジネスホテルを建築することはできない。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。