FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問6(改題)

問6

厚生年金保険の在職老齢年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 在職老齢年金の支給停止額を計算するときの総報酬月額相当額とは、その者の報酬月額とその月以前の1年間の賞与額の総額を12で除して得た額とを合算して得た額である。
  2. 在職老齢年金の支給停止額を計算するときの基本月額とは、老齢厚生年金の額(加給年金額、繰下げ加算額および経過的加算額が加算されている場合は当該額を除いた額)を12で除して得た額である。
  3. 65歳未満の老齢厚生年金の受給権者が厚生年金保険の適用事業所に勤務している場合、総報酬月額相当額と基本月額の合計額が58万円以下のときは、在職支給停止の仕組みによる調整は行われない。
  4. 70歳以上の老齢厚生年金の受給権者は、厚生年金保険の適用事業所に勤務している場合、原則として在職支給停止の仕組みは適用されず、老齢厚生年金は全額支給される。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。