FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問7

問7

国民年金基金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 日本国内に住所を有しない者であっても、国民年金の任意加入被保険者となっている者は、所定の申出により、国民年金基金に加入することができる。
  2. 国民年金基金の加入員が国民年金の保険料の一部の納付を免除された場合は、保険料の一部を納付することを要しないものとされた月の初日に加入員資格を喪失する。
  3. 国民年金基金の加入員が国民年金法に規定する障害等級に該当する障害の状態になった場合は、国民年金基金から障害の程度に応じた障害一時金が支給される。
  4. 国民年金基金の加入員が、国民年金の第2号被保険者となるなど、加入員資格を喪失して中途脱退者となった場合は、国民年金基金から脱退一時金が支給される。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。