FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問19

問19

株式の信用取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 制度信用取引では、証券取引所の規則により、弁済までの期限が売買の成立した日から3カ月と定められているが、一般信用取引では、弁済までの期限は顧客と金融商品取引業者との相対で決めることができる。
  2. 制度信用取引をした場合、制度信用銘柄のうち、貸借銘柄については逆日歩が発生することがあるが、一般信用取引をした場合、逆日歩は発生しない。
  3. 信用取引において、顧客が預託する委託保証金は、金銭のほか、国債、地方債、上場株式や非上場株式などの有価証券で代用することが認められている。
  4. 返済約定した信用取引に係る委託保証金は、制度上、その返済日に新たな信用取引に係る委託保証金に充当することはできない。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。