FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問18

問18

債券投資とイールドカーブに関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。
  1. 残存期間の短い債券の利回りよりも残存期間の長い債券の利回りのほうが低く、イールドカーブが右下がりの曲線となる状態を、逆イールドという。
  2. 残存期間の短い債券の利回りよりも残存期間の長い債券の利回りのほうが高い状態のとき、両者の差が縮小することを、イールドカーブのスティープ化という。
  3. 残存期間の短い債券の利回りよりも残存期間の長い債券の利回りのほうが高い状態のとき、両者の差が拡大することを、イールドカーブのフラット化という。
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 0(なし)

正解 1

解説

この問題に対する解説はまだありません。