FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問25

問25

個人が受け取った次の収入のうち、所得の分類上、一時所得に該当するものはいくつあるか。
  1. 個人年金保険(保証期間付終身年金)の年金受取人が、年金支払開始日後に保証期間分の年金額を一括して受け取った一時金
  2. 不動産売買契約の締結後、売主の都合で契約が破棄され、買主が返還された手付金とともに受け取った同額の違約金
  3. 家主の都合で、やむなく賃借期間の中途で居宅を明け渡すことになり、借家人が受領した立退き料(借家人の収入金額等を補てんするための金額等を除く)
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 0(なし)

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。