FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問24

問24

資本資産評価モデル(CAPM)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、β(ベータ)値は、すべて1より大きいものとする。
  1. 資本資産評価モデル(CAPM)によるポートフォリオの期待収益率の算出にあたって、安全資産利子率は、一般に、当該ポートフォリオに組み入れる資産の過去の平均収益率を用いる。
  2. β値が高いほど、そのポートフォリオの価格変動は市場全体の価格変動よりも小さく、市場全体に対する相対的なリスクが低いといえる。
  3. 市場全体の期待収益率と安全資産利子率がともに2倍になると、β値が一定であれば、資本資産評価モデル(CAPM)によるポートフォリオの期待収益率も2倍になる。
  4. 資本資産評価モデル(CAPM)により算出されるポートフォリオの期待収益率を上回った超過収益率を測ることによりリスク調整後収益率を測定する手法を、トレイナーの測度という。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。