FP1級過去問題 2016年1月学科試験 問8

問8

平成27年10月1日に施行された被用者年金制度の一元化に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 一元化前の共済年金における職域部分(職域加算)の給付は廃止され、新たに有期年金および終身年金からなる退職等年金給付が創設された。
  2. 共済組合の加入期間を有する女性に対し、当該期間に基づいて支給される特別支給の老齢厚生年金に係る支給開始年齢は、一元化前の厚生年金保険法に規定されていた女性に係る特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢に統一された。
  3. 厚生年金保険と共済年金で差異のあった未支給年金の給付範囲については、死亡した年金受給者と生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹またはこれらの者以外の3親等内の親族に統一された。
  4. 一元化前の遺族共済年金に適用されていた転給制度(先順位者が失権した場合に次順位者に遺族共済年金が支給されていた仕組み)は廃止された。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。