FP1級過去問題 2016年9月学科試験 問6(改題)

問6

確定給付企業年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 確定給付企業年金の加入対象者である厚生年金保険の被保険者には、国家公務員共済組合の組合員、地方公務員共済組合の組合員、私立学校教職員共済制度の加入者も含まれる。
  2. 確定給付企業年金では、規約において老齢給付金の受給資格を付与する期間を25年とすることができる。
  3. 確定給付企業年金の老齢給付金は、60歳以上65歳以下の規約で定める年齢に達したとき、または40歳以上60歳未満の規約で定める年齢に達した日以後に退職したときに支給が開始される。
  4. 確定給付企業年金による年金給付は、終身または5年以上にわたり、毎年1回以上定期的に支給するものでなければならない。

正解 4

問題難易度
肢133.1%
肢29.8%
肢315.7%
肢441.4%

解説

  1. 不適切。確定給付企業年金は、会社が拠出から給付までの責任を負う企業年金制度ですが、加入者は厚生年金保険の被保険者と私立学校教職員共済制度の加入者になり、国家公務員や地方公務員の共済組合の組合員にあたる公務員は対象外になります。
  2. 不適切。確定給付企業年金では受給資格を付与する期間を20年以内としなければならないので、25年と定めることはできません。
  3. 不適切。確定給付企業年金の老齢給付金は、60歳以上65歳以下の規約で定める年齢に達したとき、または50歳以上の規約で定める年齢に達した日以後に退職したときに支給が開始されます。
  4. [適切]。確定給付企業年金において老齢給付金を年金として支給する場合、終身または5年以上にわたり、毎年1回以上定期的に支給するものでなければなりません。
したがって適切な記述は[4]です。