FP1級過去問題 2018年1月学科試験 問47

問47

平成29年10月に死亡したAさんの下記の親族関係図に基づき、Aさんの相続に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、Aさんの父母および長男はAさんの相続開始前に既に死亡しており、孫Eさんおよび孫FさんはいずれもAさんの普通養子(特別養子縁組以外の縁組による養子)である。また、妻Bさん、長女Cさん、二男Dさん、孫Eさん、孫Fさん、孫Gさん、姉HさんはいずれもAさんから相続または遺贈により財産を取得し、相続税額が算出されるものとする。
47.gif/image-size:560×226
  1. 孫Fさんの法定相続分は、8分の1である。
  2. 相続税額の計算における遺産に係る基礎控除額は、6,000万円である。
  3. 相続税額の計算上、相続税額の2割加算の対象となる者は、孫Eさん、孫Fさん、孫Gさん、姉Hさんの4人である。
  4. 孫Gさんは、Aさんの相続が開始した日において20歳未満であれば、相続税額の計算上、未成年者控除の適用を受けることができる。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。