FP1級過去問題 2018年9月学科試験 問14

問14

各種損害保険に付帯することができる個人賠償責任(補償)特約(以下、「本特約」という)の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。
  1. 本特約における被保険者には、本人(記名被保険者)およびその配偶者のほか、本人または配偶者の同居の親族や、本人または配偶者の別居の未婚の子も含まれ、被保険者の続柄は損害の原因となった事故発生時におけるものによる。
  2. 本特約では、被保険者が自転車で走行中に起こした偶然な事故により法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害は補償の対象となるが、自動車や原動機付自転車を運転中に起こした事故は対象とならない。
  3. 本特約では、被保険者の職務遂行に直接起因する法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害は補償の対象とならない。
  4. 本特約が付帯された自動車保険のノンフリート契約において、本特約の保険金が支払われた場合、「1等級ダウン事故」に該当するため、契約更新後の等級は1等級下がる。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。