FP1級過去問題 2018年9月学科試験 問22

問22

Aさん(居住者)は、2022年2月に特定口座でXファンド(公募追加型株式投資信託、当初1口1円)10,000口を基準価額10,500円で購入した。下記の〈Xファンドの分配金実績・分配落後基準価額の推移〉に基づき、2022年9月6日の10,000口当たりの収益分配金について、所得税・復興特別所得税・住民税の源泉(特別)徴収後の手取金額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、源泉(特別)徴収される税額は円未満切捨てとすること。
22.gif./image-size:560×93
  1. 240円
  2. 260円
  3. 280円
  4. 300円

正解 2

問題難易度
肢123.4%
肢254.1%
肢313.8%
肢48.7%

解説

分配金には「普通分配金」と「元本払戻金(特別分配金)」があります。元本払戻金が生じた場合には個別元本がその分減少するので、分配金支払いごとの個別元本の変化に注意しながら考えましょう。

[2022年3月6日]
「個別元本<分配落後基準価額」なので分配金の800円は全て普通分配金となります。個別元本は当初のまま10,500円です。
[2022年6月6日]
「個別元本>分配落後基準価額」かつ「個別元本>分配落後基準価額+収益分配金」なので分配金の500円は全て元本払戻金となります。元本払戻金が生じたので個別元本は「10,500円-500円=10,000円」に減少します。
[2022年9月6日]
「個別元本>分配落後基準価額」なので分配金300円のうち、200円が普通分配金、100円が元本払戻金となります。元本払戻金が生じたので個別元本は「10,000円-100円=9,900円」に減少します。
投資信託の収益分配金は20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)で源泉徴収されて支払われます。課税されるのは普通分配金の200円のみですから、源泉徴収税額は、

 200円×20.315%=40.63円
(円未満切り捨て)40円

分配金の総額(普通分配金+元本払戻金)である300円から源泉徴収額を差し引いた金額が手取りとなります。

 300円-40円=260

したがって[2]が正解です。