FP1級過去問題 2018年9月学科試験 問23

問23

「非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得および譲渡所得等の非課税措置」(以下、当該非課税口座を「NISA口座」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. NISA口座の非課税管理勘定に受け入れることができる上場株式等の限度額(非課税枠)は年間120万円であり、その配当金や譲渡益等の非課税期間は、当該非課税管理勘定が設けられた日の属する年の1月1日から最長で5年間である。
  2. 2022年中に開設したNISA口座の非課税管理勘定に上場株式を受け入れた場合であっても、2023年中に別の金融機関にNISA口座を開設して、当該NISA口座に非課税管理勘定を設定することは可能である。
  3. NISA口座の非課税管理勘定に受け入れられている上場株式や公募株式投資信託は、非課税期間終了後、その翌年に同一の金融機関に開設するNISA口座の非課税管理勘定に移管することで、翌年の非課税枠を限度として、非課税保有を継続することができる。
  4. NISA口座に受け入れた上場株式の配当金を個別銘柄指定方式により銀行口座で受け取った場合、当該配当金は非課税とはならないが、所定の要件を満たせば、確定申告により総合課税を選択して配当控除の適用を受けることができる。

正解 3

問題難易度
肢13.0%
肢218.0%
肢344.3%
肢434.7%

解説

  1. 適切。NISA口座は、年間120万円を投資限度額として、配当等や上場株式を売却したことにより生じた譲渡益が、当該非課税管理勘定が設けられた日の属する年の1月1日から最長で5年間非課税になります。
  2. 適切。NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更することが可能です。ただし、変更前の口座で購入した商品は、そのまま変更前の口座で保有することになります。また、その年中に開設済みのNISA口座で既に株式・投資信託等を購入している場合、その年は他の金融機関に変更することはできません。
  3. [不適切]。NISA口座での5年間の非課税期間が終了しても、翌年に同一金融機関に開設する非課税枠に移すことで、さらに5年間を非課税で運用することが可能になります。これをロール・オーバーをいいます。ロールオーバー可能な金額に上限はないので、翌年の非課税枠を超過する分も含めて非課税保有を継続することができます(2017年改正)。仮に120万円で購入した銘柄が5年後に150万円になっていたとしても、150万円分全部を非課税枠に移管できるということです。
  4. 適切。NISAで上場株式の配当金を非課税にするためには、配当金を受け取る方法として「株式数比例配分方式」を選択する必要があります。株式数比例配分方式は、上場株式の配当金やETF、REITの分配金を証券口座で受け取る方法です。なお「配当金領収証方式」とは、信託銀行から郵送されてきた書面をゆうちょ銀行等に持参して配当金を受け取る方法です。他にも銀行口座に配当金が振り込まれる「登録配当金受領口座方式」と「個別銘柄指定方式」があります。
    「株式数比例配分方式」以外の受取方法では非課税とはなりませんが、総合課税で確定申告をすることで配当控除の適用を受けることは可能です。
したがって不適切な記述は[3]です。