FP1級過去問題 2019年9月学科試験 問44

問44

2019年中に死亡したAさんの下記の親族関係図に基づき、民法における相続分等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、Aさんの父母、継母および兄はAさんの相続開始前に死亡している。また、妻Bさん、姉Cさん、異母弟Dさん、異母妹Eさん、姪Fさんおよび甥Gさんは、いずれもAさんから相続または遺贈により財産を取得し、相続税額が算出されるものとする。
44.gif/image-size:538×191
  1. 異母弟Dさんの法定相続分は、16分の1である。
  2. 相続税額の計算における遺産に係る基礎控除額は、6,000万円である。
  3. 相続税額の計算上、相続税額の2割加算の対象となる者は、姉Cさん、異母弟Dさん、異母妹Eさん、姪Fさんおよび甥Gさんの5人である。
  4. 甥Gさんは、Aさんの相続が開始した日において20歳未満であっても、相続税額の計算上、未成年者控除の適用を受けることができない。

正解 1

解説

Aさんには子がなく直系尊属である父母が既に死亡しているので、配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となります。法定相続人は、妻Bさん、兄を代襲相続する姪Fさん、姉Cさん、異母弟Dさん、異母弟Eさんの5人です。
  1. [不適切]。被相続人と父母の一方のみを同じとする兄弟姉妹の法定相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。
    兄弟姉妹全体の法定相続分は1/4で、姪Fさんと姉Cさんが2、異母弟の2人が1となるように「2:2:1:1」と配分すると、異母弟Dさんの法定相続分は「1/4×1/6=1/24」となります。
  2. 適切。法定相続人は5人なので「3,000万円+600万円×5=6,000万円」です。
  3. 適切。相続税額の2割加算の対象となる人は、被相続人の1親等の血族および配偶者以外の人です。したがって2割加算の対象者は、姉Cさん、異母弟Dさん、異母妹Eさん、姪Fさんおよび甥Gさんの5人となります。※甥Gさんは法定相続人ではありませんが、相続により財産を取得していれば相続税を納付する必要があり、その際に2割加算されます。
  4. 適切。未成年者控除の対象となるのは、日本国内に住所がある人で相続で財産を取得した20歳未満の法定相続人です。甥Gさんは法定相続人ではないので未成年者控除の適用を受けることができません。
したがって不適切な記述は[1]です。