FP1級過去問題 2019年9月学科試験 問46

問46

相続税の延納および物納に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 納付すべき相続税額が10万円を超える場合、納税者は、納期限までに所定の申請をすることにより、相続税の延納または物納を任意に選択することができる。
  2. 相続財産のうち不動産等の価額が占める割合が50%未満であり、延納税額が35万円である場合、延納税額の延納期間は、最長4年となる。
  3. 物納に充てることができる財産には、その種類による申請順位があり、不動産や国債・地方債は第1順位、上場株式は第2順位、動産は第3順位とされている。
  4. 相続税の延納の許可を受けた者が、その後の資力の変化等により物納に変更する場合、当該物納に係る財産の収納価額は、原則として、相続税の課税価格の計算の基礎となった当該財産の価額となる。

正解 2

解説

  1. 不適切。相続税の物納は、延納によっても金銭で納付することを困難とする事由がある場合にだけ、申請することより、その納付を困難とする金額を限度として認められます。納税者が自由に選択できるわけではありません。
  2. [適切]。相続財産のうち不動産等の価額が占める割合が50%未満で、延納税額が50万円未満の場合の延納期間は、延納税額を10万円で除した数(端数切上げ)に相当する年数を限度としますので、35万円の場合は最長4年となります。
  3. 不適切。相続税において、物納に充てることができる財産の種類には申請順位があります。第1順位は「不動産・船舶・国債・地方債・上場株式等」、第2順位は「非上場株式等」、第3順位は「動産」と規定されています。
    平成29年3月3月31日以前は、上場株式等は第2順位でした。
  4. 不適切。延納の許可を受けた相続税額について、その後に延納条件を履行することが困難となった場合には、申告期限から10年以内に限り、分納期限が未到来の税額部分について延納から物納への変更を行うことができます。このとき物納に係る財産の収納価額は、物納申請時の時価となります。相続税の課税価格における財産価額ではありません。
したがって適切な記述は[2]です。