FP1級過去問題 2020年1月学科試験 問44

問44

代償分割に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 遺産分割にあたって、代償分割により代償財産を交付する場合、代償財産の支払期日や支払方法などを記載した遺産分割協議書を公正証書により作成しなければならない。
  2. 代償分割により交付した代償財産が相続開始前から所有していた不動産であった場合、代償債務を履行したときの時価で譲渡したものとして、当該不動産を交付した者の所得税の課税対象となる。
  3. 代償分割により取得した代償財産が不動産であった場合、当該不動産の所得税法上の取得費は、代償債務の履行として当該不動産を交付した者の取得費を引き継ぐことになる。
  4. 代償分割により取得した代償財産が不動産であった場合、当該不動産の所得税法上の取得時期は、代償債務の履行として当該不動産を交付した者の取得時期を引き継ぐことになる。

正解 2

問題難易度
肢15.7%
肢252.6%
肢324.5%
肢417.2%

解説

  1. 不適切。代償分割とは、不動産などの分割できない財産を、代表して相続した相続人が、他の相続人に対して、自己財産等で債務を負担する(代償金を支払う)という遺産分割の方法です。
    代償金の支払いが単なる贈与であるとされ、贈与税を課税されることがあるので遺産分割協議書を作成して代償分割を記載しなければなりませんが、公正証書である必要はありません。
  2. [適切]。代償分割によって分ける財産は、相続開始前から所有していた不動産でも、不動産を時価で譲渡したものとみなされ、交付した人の譲渡所得として所得税が課税されます。
  3. 不適切。代償分割により、代償財産として不動産を取得した場合、その不動産の取得費は元々所有していた人の取得費を引き継ぐのではなく、代償分割時の時価が取得費となります。相続で取得するのではなく、別の相続人から不動産の所有権移転により取得するためです。
  4. 不適切。代償分割により、代償財産として不動産を取得した場合、その不動産の取得時期は元々所有していた人の取得時期を引き継ぐのではなく、代償分割時が取得時期となります。相続で取得するのではなく、別の相続人から不動産の所有権移転により取得するためです。
したがって適切な記述は[2]です。