FP1級過去問題 2020年1月学科試験 問45

問45

下記の〈条件〉に基づき、子Bさんが、家庭裁判所の判断を経ることなく、遺産分割前に単独で払戻しを請求することができる預貯金債権の上限額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

〈条件〉
  1. 被相続人の親族関係図
    45.gif/image-size:214×84
  2. 被相続人の相続開始時の預貯金債権の額
    X銀行:普通預金600万円、定期預金1,500万円
    Y銀行:定期預金720万円
    ※定期預金はいずれも満期が到来しているものとする。
  1. 150万円
  2. 210万円
  3. 235万円
  4. 300万円

正解 2

問題難易度
肢117.5%
肢253.4%
肢314.9%
肢414.2%

解説

預貯金払戻し制度は、民法改正に伴い令和元年7月に創設された制度です。各相続人は、遺産分割前であっても、被相続人名義の口座から「預貯金の額×1/3×法定相続分」までを、単独で払戻し可能となりました(民法909条の2)。ただし、同一金融機関からの払戻しは150万円が限度です。

被相続人の預貯金債券が複数の金融機関にわたる場合には、金融機関ごとに個別に計算することになります。なお、子Bさんの法定相続分は1/4です。

[X銀行]
(600万円+1,500万円)×1/3×1/4=175万円
一金融機関から払戻し可能な上限を超えているため、払戻し可能な金額は上限の150万円となります。

[Y銀行]
720万円×1/3×1/4=60万円

したがって、家庭裁判所の判断を経ずに子Bさんが単独で払戻しができる金額は「150万円+60万円=210万円」です。よって[2]が正解です。