FP1級過去問題 2020年9月学科試験 問38

問38

5年前に父からの相続により借地権(定期借地権等ではない)と借地上の自宅家屋を取得したAさんは、2020年8月、借地権設定者から、その借地権の目的となっている宅地(底地)を買い取った。下記の〈条件〉に基づき、Aさんが買い取った宅地に係る不動産取得税の税額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

〈条件〉
  • 買い取った宅地(底地)の取得価額は、6,000万円である。
  • 買い取った宅地の固定資産税評価額は、8,000万円である。
  • 相続により取得した借地権の価額の評価上、借地権割合は70%である。
  • 不動産取得税の税率は、標準税率とする。
  1. 27万円
  2. 36万円
  3. 90万円
  4. 120万円

正解 4

問題難易度
肢19.0%
肢221.4%
肢317.5%
肢452.1%

解説

不動産取得税は、不動産の取得者に課される税金です。Aさんは底地の買取により土地全体の所有権を得ることになるので、土地全体を取得したものとして不動産取得税が課されます。

不動産取得税の税額は「固定資産税評価額×税率」で掛けて求めます。標準税率は4%ですが、宅地については税率を3%する軽減制度と、課税標準を2分の1にする軽減制度が適用されます。

買い取った宅地の固定資産税評価額は8,000万円ですので、不動産取得税の税額は、

 8,000万円×1/2×3%=120万円

したがって[4]が正解となります。