FP1級 2021年1月 応用編 問55

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問55

《設例》の〈X社の財務データ等〉に基づいて、①X社の2021年3月期の自己資本当期純利益率と②X社の2021年3月期のインタレスト・カバレッジ・レシオを、それぞれ求めなさい。〔計算過程〕を示し、〈答〉は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。なお、自己資本当期純利益率の計算にあたって、自己資本は2020年3月期と2021年3月期の平均を用いること。

正解 

① 9.93(%)
(275,000百万円-10,000百万円)+(289,000百万円-10,000百万円)2=272,000百万円
27,000百万円272,000百万円×100=9.93%(小数点以下第3位四捨五入)
② 27.06(倍)
41,000百万円+400百万円+1,900百万円1,600百万円=27.06倍(小数点以下第3位四捨五入)

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

〔①について〕
自己資本当期純利益率は「当期純利益÷自己資本×100」で求めます。そして自己資本の額は、純資産の額から「新株予約権」と「非支配株主持分」の2つの除いた額です。また設問の指定通り、自己資本には2020年と2021年の平均を用います。

X社の2020年3月期と2021年3月期のデータより、

 自己資本=275,000-10,000+289,000-10,0002=272,000
 自己資本当期純利益率=27,000÷272,000×100=9.926…
(小数点以下第3位を四捨五入)9.93%

よって、正解は9.93(%)となります。

〔②について〕
インタレスト・カバレッジ・レシオは、営業利益から行われる借入金の利子の支払いが、どの程度余裕をもって行われているかを示す指標です。値が高いほど財務的に余裕があると判断されます。インタレストとは支払利息を意味します。

インタレスト・カバレッジ・レシオの算出式は以下の通りです。

 インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)=営業利益+受取利息+受取配当金支払利息+割引料

X社の2021年3月期のデータの値を上記の式に代入すると、

 41,000+400+1,9001,600=27.0625
(小数点以下第3位を四捨五入)27.06倍

よって、正解は27.06(倍)となります。
※FP検定では割引料が登場することは稀です。