FP1級過去問題 2021年9月学科試験 問18

問18

以下の表に記載されている割引債券の1年複利計算による単価(空欄①)と固定利付債券の単利計算による最終利回り(空欄②)の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。なお、税金や手数料等は考慮せず、計算結果は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入すること。
18.gif/image-size:368×147
  1. ① 98.02  ② 0.56
  2. ① 98.02  ② 0.57
  3. ① 99.01  ② 0.56
  4. ① 99.01  ② 0.57

正解 1

解説

この問題に対する解説はまだありません。