FP1級過去問題 2021年9月学科試験 問41

問41

ファイナンシャル・プランニング技能士は、顧客のプランニングを実行するうえで、専門家との協働が不可欠である。ファイナンシャル・プランニング技能士が依頼する「不動産関連の業務」と「その業務に適した専門家」の組合せとして、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 地積更正登記=司法書士
  2. 筆界特定の手続=土地家屋調査士
  3. 不動産の評価=不動産鑑定士
  4. 農地転用の届出=行政書士

正解 1

問題難易度
肢157.3%
肢220.7%
肢35.4%
肢416.6%

解説

不動産登記に関する職域は次のようになっています。
地積の更正登記は表示に関する登記であり、土地家屋調査士の独占業務ですから司法書士に結び付けている[1]が不適切です。

なお、筆界特定の手続きは、土地家屋調査士、認定司法書士(基礎となる金額が140万円以下に限る)、弁護士が可能です。