FP1級過去問題 2022年5月学科試験 問16

問16

景気動向指数に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 景気動向指数のDI(ディフュージョン・インデックス)は、主として景気拡張の動きの各経済部門への波及度合いを測定することを目的としており、基準年の2015年を100として、3カ月以上連続して、3カ月後方移動平均が下降していれば、景気後退の可能性が高いと判断される。
  2. 日本銀行が公表するマネーストック統計は、金融機関および中央政府以外の経済主体が保有する通貨量の残高を集計した統計であり、最も容易に決済手段として用いることができる現金通貨と預金通貨から構成される「M1」が景気動向指数の先行系列に採用されている。
  3. 先行系列には、東証株価指数、実質機械受注(製造業)、新設住宅着工床面積など、11系列が採用されている。
  4. 厚生労働省が公表する有効求人倍率(除学卒)は先行系列に採用され、総務省が公表する完全失業率は遅行系列に採用されている。

正解 3

問題難易度
肢117.4%
肢211.1%
肢357.7%
肢413.8%

解説

  1. 不適切。景気動向指数のDIは、内閣府が毎月公表する景気動向指数のひとつで、生産・消費、物価などの景気変動に関係する指標を合成して算出します。DIの数値が50%を超えれば景気がよい、50%を下回れば景気が悪いと判断されます。
  2. 不適切。マネーストック統計は、日本銀行が毎月公表する金融機関および中央政府以外の経済主体が保有する通貨量の残高を集計した統計です。マネーストックは先行指数のひとつですが、現金通貨と預金通貨から構成される「M1」に流動性がより低い定期性預金や譲渡性預金を加えた「M2」が、景気動向指数の先行系列に採用されています。
  3. [適切]。先行系列は、一致指数や遅行指数とともに景気動向指数を構成する指標の1つで、景気に対して先行して動く指数です。東証株価指数、実質機械受注(製造業)、新設住宅着工床面積など、11系列が採用されています。
  4. 不適切。有効求人倍率(除学卒)は、厚生労働省が毎月公表する有効求人数を有効求職者数で割ったもので、一致系列に採用されています。また、完全失業率は、総務省が毎月公表する満15歳以上の働く意思を持つ労働力人口に占める完全失業者数の割合で、遅行系列に採用されています。
したがって適切な記述は[3]です。