FP1級過去問題 2022年5月学科試験 問17

問17

金投資に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 純金積立における保管方法が消費寄託の場合、顧客が購入した金の所有権は純金積立の運営会社に帰属することになるが、顧客はいつでも預けた金の返還を請求することができる。
  2. 純金積立における金の購入や売却については、有価証券に類するものとして、消費税は課されない。
  3. 給与所得者が金地金を売却したことによる所得は一時所得に該当し、一時所得の金額の計算上、収入金額から最大50万円の特別控除額を控除することができる。
  4. 金ETF(上場投資信託)は、つみたてNISA勘定を通じて購入することができる。

正解 1

解説

この問題に対する解説はまだありません。