FP1級過去問題 2022年9月学科試験 問18

問18

債券のリスク指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 他の条件が同じであれば、債券の表面利率が低いほど、また残存期間が長いほど、デュレーションは長くなる。
  2. 残存期間が同じであれば、利付債よりも、割引債のほうがデュレーションは短くなる。
  3. デュレーションが同じであれば、コンベクシティが大きい債券のほうが、小さい債券よりも、金利の低下局面において債券価格の上昇率は小さくなる。
  4. 修正デュレーションとは、デュレーションの精度不足を補うためのものであり、金利の変化に対するデュレーションの変化の割合で表される。

正解 1

問題難易度
肢158.1%
肢214.1%
肢310.9%
肢416.9%

解説

この問題に対する解説はまだありません。