FP1級過去問題 2024年1月学科試験 問14

問14

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 更新型の医療保険では、保険期間中に入院給付金を受け取った場合、保険期間満了時に保険契約を更新することができない。
  2. 人間ドックの受診で異常が認められ、医師の指示の下でその治療を目的として入院した場合、その入院は、医療保険の入院給付金の支払対象となる。
  3. 特定(三大)疾病保障定期保険は、がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態と診断され、特定(三大)疾病保障保険金が支払われたとしても、死亡保険金や高度障害保険金が支払われなければ、保険契約は継続する。
  4. 限定告知型(引受基準緩和型)医療保険は、所定の告知項目に該当しない場合に加入することができるが、一般に限定告知型でない医療保険に比べて保険料が割高であり、かつ、90日間または3カ月間の免責期間が設けられている。

正解 2

問題難易度
肢13.0%
肢269.9%
肢311.3%
肢415.8%

解説

この問題に対する解説はまだありません。