FP1級 2024年1月 応用編 問54

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】
 Aさん(35歳)は、東京証券取引所に上場している同業種のW社およびX社について、〈W社とX社の財務データ〉を参考に投資判断を行うつもりである。また、株価に大きな影響を与える金融政策や、保有している投資信託Yと投資信託Zについて、それぞれの値動きの相関関係を知りたいと思っている。
 そこで、Aさんは、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

〈W社とX社の財務データ〉(単位:百万円)
b1.png./image-size:536×454
〈投資信託Yと投資信託Zの実績収益率・標準偏差・共分散〉
b2.png./image-size:536×93
  • 「***」は、問題の性質上、伏せてある。
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問54

Mさんは、Aさんに対して、日本銀行の金融政策およびイールドカーブについて説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~⑥に入る最も適切な語句または数値を、解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

  1. 〈日本銀行の金融政策〉
     「日本銀行の金融市場調節方針は、金融政策決定会合において、9名の政策委員会委員(総裁、2名の副総裁、6名の審議委員)によって決定されます。金融政策決定会合は、通常、年()回、2日間かけて開催されており、会合終了後、直ちに、当該会合における決定内容が公表され、政策変更がない場合も、その旨が公表されます。また、会合における『主な意見』を取りまとめたものは、原則として、会合の()営業日後に公表されます。
     なお、金融政策決定会合には、()大臣および経済財政政策担当大臣(経済財政政策担当大臣が置かれていないときは、内閣総理大臣)等が、議決権を有しないものの、必要に応じて会合に出席し、意見を述べること、議案を提出すること、次回会合まで議決を延期することを求めることができます。
     日本銀行は、金融市場調節方針のもと、日々、金融市場において資金の供給や吸収を行っています」
  2. 〈イールドカーブ〉
     「残存期間の短い債券の利回りよりも、残存期間の長い債券の利回りのほうが高く、イールドカーブが右上がりの曲線となる状態を、□□□といい、残存期間の短い債券の利回りよりも、残存期間の長い債券の利回りのほうが低く、イールドカーブが右下がりの曲線となる状態を、()といいます。イールドカーブは、長短金利差が縮小すると、傾斜が小さくなって()化し、反対に長短金利差が拡大すると、傾斜が大きくなりスティープ化します。国債のイールドカーブが()になると、将来、景気後退に向かう可能性があると言われています。
     イールドカーブが右上がりの曲線となる状態のときに、時間の経過とともに債券の利回りが下がり、価格が上昇することを()効果といいます。イールドカーブの右上がりの傾斜が大きくなればなるほど、()効果が高くなり、多くのキャピタルゲインを得ることが期待できます」
営業日
大臣
 
 

正解 

① 8(回)
② 6(営業日)
③ 財務(大臣)
④ 逆イールド
⑤ フラット(化)
⑥ ロールダウン

分野

科目:C.金融資産運用
細目:1.マーケット環境の理解

解説

この問題に対する解説はまだありません。