FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問35(改題)

問35

不動産の売買取引における民法上の売主の契約不適合責任に関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。
  1. 民法では、売買の目的物が種類又は品質に関して契約の内容に適合しないものであり、その不適合が契約及び取引上の社会通念に照らして軽微でないときは、買主は、当該不適合を知った時から2年以内であれば契約を解除することができるとされている。
  2. 買主が売主に対して契約不適合責任に基づく権利を行使するためには、買主は、その不適合が売主の責めに帰すべき事由により生じたものであることを立証しなければならない。
  3. 売主と買主の合意により、売主が契約不適合責任を負わないとする免責特約を定めていた場合は、売主がその不適合があることを知りながら買主に告げないときであっても、売主は契約不適合責任を負わない。
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 0(なし)

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。