FP1級 2020年1月 応用編 問63

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問63

《設例》の〈X社の概要〉に基づき、X社株式の1株当たりの類似業種比準価額を求めなさい。〔計算過程〕を示し、〈答〉は円単位とすること。また、端数処理は、各要素別比準割合および比準割合は小数点第2位未満を切り捨て、1株当たりの資本金等の額50円当たりの類似業種比準価額は10銭未満を切り捨て、X社株式の1株当たりの類似業種比準価額は円未満を切り捨てること。
なお、X社株式の類似業種比準価額の算定にあたり、複数の方法がある場合は、できるだけ低い価額となる方法を選択するものとする。

正解 

 1,777(円)
6,000万円÷120,000株=500円
251円×5.0円4.1円26円22円280円239円3×0.6×500円50円
=251円×1.21+1.18+1.173×0.6×500円50円
=251円×1.18×0.6×10
=177.7円×10
=1,777円

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:5.相続財産の評価(不動産以外)

解説

類似業種比準価額は以下の式で求めます。
まず計算手順を確認します。複雑ですが絶対にマスターしましょう。
  1. 類似業種株価として、①評価する月、②評価する前月、③評価する前々月、④前年の平均株価、⑤過去2年間の平均株価の中から最も低い金額を選択する(上記5つ以外のダミーの金額があるので注意!
  2. 資本金等の額と発行済株式数から1株当たり純資産額を求める(大抵は500円になるはず)
  3. 1株当たり資本金等の額を50円としたときの発行済株式数を求める
  4. (3)の株式数を用いて、1株当たりの配当金額、利益、純資産額のうち空欄になっている金額を計算する
  5. 計算過程における切捨て条件に注意しつつ、上記の式に各金額を当てはめて計算する
  6. 「1株当たりの資本金等の額/50円」を乗じて、実際の1株当たりの価額に還元する
では計算していきます。
  1. 設例には5つの平均株価が提示されているので、このうち最も低い「過去2年間の平均株価」251円を使用することになります。
  2. 資本金等の額が6,000万円、発行済株式数が120,000株なので、1株当たり純資産額は「6,000万円÷12万株=500円」
  3. 資本金等の額が6,000万円なので、1株当たり資本金等の額を50円としたときの発行済株式数は「6,000万円÷50円=120万株」
  4. 本問では各比準要素の金額が全て示されているので計算不要です。
  5. ここまでの金額を式に当てはめると次のようになります。X社は中会社なので斟酌率は0.6を使います。また、各要素別比準割合および比準割合は小数点第2位未満を切り捨てることに注意しましょう(が付いている部分が切捨て処理の箇所です)。

     251円×5.0円4.1円26円22円280円239円3×0.6
    =251円×1.21+1.18+1.173×0.6
    =251円×1.18×0.6=177.708円

  6. 最後に500円/50円を乗じて、つまり10倍して類似業種比準価額とします。

     177.708円×500円50円=1,777.08円
    (円未満を切り捨て)1,777円
したがって正解は1,777(円)となります。