FP1級 2020年9月 応用編 問54

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問54

《設例》の〈X社とY社の財務データ等〉に基づいて、Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~⑤に入る最も適切な数値を、解答用紙に記入しなさい。なお、計算結果は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
  1. 「X社とY社を総資産経常利益率で比較すると、X社の値が()%、Y社の値が□□□%であり、X社の値のほうが上回っています。この総資産経常利益率を売上高経常利益率と総資産回転率の2指標に分解して比較すると、前者についてはX社の値が()%、Y社の値が□□□%、後者についてはX社の値が□□□回、Y社の値が()回であり、X社のほうが売上高に対する経常的な利益の割合がより高いことがわかります」
  2. 「X社とY社を財務的な安定性を測る指標であるインタレスト・カバレッジ・レシオで比較すると、X社の値が□□□倍、Y社の値が()倍であり、Y社のほうが財務的な余裕があるといえます」
  3. 「X社とY社を今後の成長性を測る指標であるサスティナブル成長率で比較すると、X社の値が()%、Y社の値が□□□%であり、X社の値のほうが上回っています」

正解 

① 5.62(%)
② 4.33(%)
③ 1.43(回)
④ 26.95(倍)
⑤ 6.90(%)

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

この問題に対する解説はまだありません。