FP1級過去問題 2019年1月学科試験 問21

問21

資本資産評価モデル(CAPM)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、β(ベータ)値は1より大きく、安全資産利子率はゼロではないものとする。
  1. 資本資産評価モデル(CAPM)によるポートフォリオの期待収益率の算出にあたって、は、一般に、当該ポートフォリオに組み入れる資産の過去の平均収益率を用いる。
  2. 資本資産評価モデル(CAPM)におけるβ(ベータ)値は、市場全体に対するポートフォリオのアンシステマティック・リスクを測定した値である。
  3. ポートフォリオのβ(ベータ)値が、同じ市場を対象とする他のポートフォリオのβ(ベータ)値の2倍である場合、資本資産評価モデル(CAPM)により算出されるポートフォリオの期待収益率も2倍となる。
  4. 資本資産評価モデル(CAPM)によれば、同じ市場を対象とする2つのポートフォリオを比較した場合、β(ベータ)値が大きいポートフォリオのほうが、市場全体の変動の影響をより大きく受けるため、ポートフォリオのリスクが高いといえる。

正解 4

解説

資本資産評価モデル(CAPM)は、ポートフォリオに組み入れた個々の銘柄が市場全体と比較してどの程度値動きするかを基準に、無リスク資産と比較してどの程度の収益率が期待できるかを計算する手法です。

 期待収益率=安全資産利子率+β×(市場全体の収益率-安全資産利子率)

  1. 不適切。安全資産利子率は無リスク資産(10年物国債)などの利子率を用います。ポートフォリオに組み入れるのはリスク資産ですので、安全資産利子率として使用することはできません。
  2. 不適切。β値は、ポートフォリオ分散によって消去できない市場全体のリスク(システマチック・リスク)を測定したものです。アンシステマティック・リスクは分散投資によって軽減されるリスクを示すので誤りです。
  3. 不適切。β値は式全体に掛かっておらず、安全資産利子率に対する市場全体の超過収益率(マーケットプレミアム)に掛かっているので、β値が2倍になっても期待収益率が単純に2倍になるわけではありません。
  4. [適切]。β値は、市場全体の値動きに対するポートフォリオの変動感度を示したものです。β値が高いほど、そのポートフォリオは市場全体の値動きに強く反応するのでリスクは高くなります。
したがって適切な記述は[4]です。