FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問45

問45

相続の承認と放棄に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 相続人が、自己のために相続の開始があったことを知った後、相続債務の弁済のために相続財産を処分した場合、原則として、当該相続人は単純承認をしたものとみなされる。
  2. 共同相続人のうちの1人が単純承認をした場合、原則として、他の相続人は限定承認をすることはできない。
  3. 被相続人の負債額が不明であったために限定承認をした後、被相続人に1,500万円の資産と1,200万円の負債があることが判明した場合には、1,200万円の資産と1,200万円の負債が相続人に承継されることになる。
  4. 未成年者とその親権者が相続人である場合に、親権者が単独で相続するために当該未成年者を代理して相続の放棄の申述をするときには、当該未成年者について特別代理人を選任する必要がある。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。