FP1級過去問題 2020年9月学科試験 問44

問44

相続の承認と放棄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 相続人が、契約者(=保険料負担者)および被保険者を被相続人、保険金受取人を当該相続人とする生命保険契約の死亡保険金を受け取った場合、その金額の多寡や使途にかかわらず、当該相続人は相続について単純承認したものとみなされる。
  2. 相続人が、相続について単純承認したものとみなされた場合であっても、原則として自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内であれば、相続の放棄をすることができる。
  3. 共同相続人のうちの1人が相続の放棄をした場合であっても、他の相続人は、原則として自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内であれば、全員が共同して申述することにより、相続について限定承認をすることができる。
  4. 被相続人の負債額が不明であったために限定承認をした後、被相続人に2,000万円の資産と1,500万円の負債があることが判明した場合には、1,500万円の資産と1,500万円の負債が相続人に承継されることになる。

正解 3

問題難易度
肢111.5%
肢216.3%
肢365.0%
肢47.2%

解説

  1. 不適切。被相続人の死亡により受け取る死亡保険金は、受取人の固有財産(相続税法上はみなし相続財産という扱い)ですから生命保険契約の死亡保険金を受け取ったとしても、またその死亡保険金を処分したとしても単純承認したと見なされることはありません。
  2. 不適切。相続財産の全部または一部を処分したなどの場合には単純承認をしたものとみなされます(民法921条)。一度承認した後は3カ月以内であっても撤回することができません。よって、単純承認の事実を撤回して相続の放棄をすることはできません(民法919条1項)。
  3. [適切]。相続の放棄をした者は、当初から相続人とならなかったものとして扱われるので、相続開始から3カ月以内に、残りの共同相続人全員が共同して申述することによって限定承認をすることができます(民法939条)。
  4. 不適切。限定承認は、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務を承継する方法です(民法922条)。限定承認を選択すると、申述時の相続財産目録に基づいて相続財産から債務の弁済が行われ、弁済後に残った残余財産のみが相続人に承継されます。
    本肢のケースだと、1,500万円の負債を弁済した後に残る500万円が共同相続人に承継されることとなります。
したがって適切な記述は[3]です。