FP1級過去問題 2017年9月学科試験 問5

問5

確定拠出年金の個人型年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 国民年金の第2号被保険者で、企業年金等として厚生年金基金のみに加入している者が個人型年金に加入する場合、掛金の拠出限度額は月額2万円である。
  2. 国民年金の第3号被保険者が個人型年金に加入する場合、掛金の拠出限度額は月額2万3,000円である。
  3. 個人型年金の毎月の掛金は、5,000円以上1,000円単位で拠出することができ、掛金の額は加入した月から6カ月経過ごとに変更することができる。
  4. 個人型年金の加入者が運用商品およびその割合を変更するために配分変更やスイッチングを行う場合には、その都度、運営管理機関ごとに定められた所定の手数料を払い込む必要がある。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。