FP1級過去問題 2019年1月学科試験 問13

問13

自動車損害賠償責任保険(以下、「自賠責保険」という)および政府の自動車損害賠償保障事業(以下、「政府保障事業」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 複数台の自動車による事故において、共同不法行為により身体に損害を被った場合、自賠責保険により支払われる保険金等は、加害者の有効な自賠責保険契約に係る保険金額を合算した額が限度となる。
  2. 自賠責保険では、被害者の過失割合が7割以上10割未満である場合、重過失減額制度により、原則として、自賠責保険により支払われるべき保険金等が被害者の過失割合に応じて減額される。
  3. 政府保障事業による損害のてん補は、自賠責保険の支払基準に準じて支払われるが、被害者が健康保険や労働者災害補償保険などの社会保険からの給付を受けることができる場合には、その金額が差し引かれててん補される。
  4. 政府保障事業では、被害者は、損害賠償額が確定する前であっても、治療費などの当座の費用として仮渡金の支払を請求することができる。

正解 4

解説

  1. 適切。複数の加害者がいる共同不法行為によって身体に損害を被った場合、自賠責保険により支払われる金額は、複数の加害者の有効な自賠責保険契約に係る保険金額を合算した額が限度額となります。
  2. 適切。重過失減額制度は、被害者の過失が7割未満の場合は過失割合に関係なく減額せずに保険金が支払われますが、被害者に7割以上の過失があった場合は、過失割合に応じて支払われる保険金額が減額になる制度です。
  3. 適切。政府保障事業は、自賠責保険の支払基準に準じて保険金を支払いますが、健康保険や労働者災害補償保険などの社会保険から給付を受ける場合は、その金額が差し引かれて支払われます。
  4. [不適切]。自賠責保険では、損害賠償額が確定する前であっても被害者は治療費などの当座の費用を仮渡金として請求することができます。しかし、政府保障事業では、このような仮渡金を請求する制度はありません。
したがって不適切な記述は[4]です。