FP1級過去問題 2022年9月学科試験 問35

問35

不動産の売買取引における手付金に関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。
  1. 宅地建物取引業者が自ら売主となる不動産の売買契約において、買主が宅地建物取引業者でない法人の場合、売主の宅地建物取引業者は、売買代金の額の2割を超える手付金を受領することができる。
  2. 不動産の売買契約において買主が売主に手付金を交付した場合、買主が契約の履行に着手する前であれば、売主はその倍額を買主に対して現実に提供することで、契約を解除することができる。
  3. いわゆるローン特約(融資特約)が付された不動産売買契約において、買主が同特約によって契約を解除する場合、通常、売主に交付した手付金は放棄しなければならず、手付金の返還を受けることはできない。
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 0(なし)

正解 1

解説

この問題に対する解説はまだありません。