損害保険 (全37問中33問目)

No.33

個人事業主が加入する各種損害保険契約の保険料等の課税関係に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2015年1月試験 問14
  1. 個人事業主であるAさんが支払う業務の用に供する自動車に係る自動車保険の保険料は、事業所得の金額の計算上、必要経費に算入される。
  2. 個人事業主であるBさんが支払う店舗併用住宅である建物に係る火災保険の保険料のうち、店舗部分に対応する部分の保険料は、事業所得の金額の計算上、必要経費に算入される。
  3. 個人事業主であるCさんを契約者(=保険料負担者)および被保険者とする傷害保険の保険料は、事業所得の金額の計算上、必要経費に算入される。
  4. 個人事業主であるDさんを契約者(=保険料負担者)、被保険者を従業員とする傷害保険において、被保険者である従業員が死亡したことにより、Dさんが受け取る死亡保険金は、事業所得の金額の計算上、収入金額に算入される。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。