FP1級過去問題 2022年1月学科試験 問19

問19

各種債券の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 個人向け国債の適用利率は、個人向け国債の種類ごとに計算された基準金利に応じて決定されるが、いずれの種類も年率0.05%が下限とされる。
  2. ストリップス債は、固定利付債の元本部分と利子部分を分離し、元本部分は利付債の償還日を満期とする割引債、利子部分はそれぞれの支払期日を満期とする割引債として販売される債券である。
  3. 一般に、払込みと利払いが円貨で行われ、償還が米ドル等の外貨で行われる債券はデュアルカレンシー債と呼ばれ、払込みと償還が円貨で行われ、利払いが米ドル等の外貨で行われる債券はリバース・デュアルカレンシー債と呼ばれる。
  4. 他社株転換可能債(EB債)は、満期償還前の判定日に債券の発行者とは異なる別の会社の株式(対象株式)の株価が発行時に決められた価格を上回ると、金銭での償還ではなく、対象株式が交付される債券のことであり、投資家が償還方法を任意に選択することはできない。

正解 4

問題難易度
肢15.8%
肢215.3%
肢324.8%
肢454.1%

解説

  1. 適切。個人向け国債の利率(年率)は、以下のとおりです。
    • 3年満期(固定) 基準金利-0.03%
    • 5年満期(固定) 基準金利-0.05%
    • 10年満期(変動) 基準金利×0.66%
    いずれも金利の下限は0.05%となっています。
  2. 適切。ストリップス債は利付債の元本部分と利子部分が分離され、元本部分は償還日を満期、利子部分は各利払い日を満期として、それぞれが割引債(ゼロクーポン債)で販売される債券を指します。
  3. 適切。デュアルカレンシー債は、払込みと利払いは円で、償還は外貨で行うものをいいます。なお、払込みと償還が円で、利払いは外貨で行うものをリバース・デュアルカレンシー債といいます。
  4. [不適切]。他社株転換可能債(EB債)とは、投資した資金が償還時に発行体以外の株式(他社株)に転換されて償還される可能性のある債券のことです。
    償還方法は現金償還と株式償還の2通りがあり、満期償還前の判定日(もしくは判定期間中)に対象株式の株価が、あらかじめ決められた価格以上であれば現金償還になりますが、価格未満であれば株式償還となります。投資家が償還方法を選択することはできません。
したがって不適切な記述は[4]です。