FP1級過去問題 2015年10月学科試験 問43(改題)

問43

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」(以下、「本特例」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、各選択肢において、ほかに必要とされる要件等はすべて満たしているものとする。
  1. 受贈者の父母からの住宅取得等資金の贈与については本特例の適用を受けることができるが、義父母(受贈者の配偶者の父母)からの住宅取得等資金の贈与については本特例の適用を受けることができない。
  2. 贈与を受けた年分の所得税に係る合計所得金額が2,000万円を超える受贈者は、本特例の適用を受けることができない。
  3. 2023年中に住宅取得等資金の贈与を受け、同年中に免震建築物に該当することが証明された住宅用家屋を取得して本特例の適用を受けた場合、本特例による贈与税の住宅資金非課税限度額は、受贈者1人につき1,000万円である。
  4. 住宅取得等資金の贈与をした者が当該住宅取得等資金の贈与をした年中に死亡した場合には、本特例の適用を受けることができない。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。